プログラマーの働き方

社内SEとは?仕事の内容は?

私が社内SEの仕事をはじめて10年が経ちました。

社内SEとしては3社で働いてきましたが、会社の規模は違っても業務の内容としてはほとんど同じような感じでした。

今日は社内SEとはどんな仕事をするのか?

仕事の内容や社内SEに求められる資質、システムエンジニアとの違い、やりがい(働き甲斐)などについてご紹介していきたいと思います。

社内SEとは?仕事の内容は?

業務を大きく分類すると以下のようになります。

  • 社内の基幹システムの保守・改善
  • 基幹システムを補うシステムやツールの社内開発
  • 新しい企画に伴うシステム的な課題の検討やサービスの導入
  • PC環境の構築・保守
  • データ分析・報告書作成など

大きく分類しましたので他にも雑多なことはたくさんあります。

社内SEの場合、基本的にプログラミングをすることはさほど多くはありません。

開発に携わる場合も、担当するのは要件定義や概要設計、受入検証などの工程となります。

社内SEに求められる資質とは?

よほど大きな会社でない限り、新卒・未経験で社内SEを採用することはないと思います。

プログラミングすることは少ないので開発についての知識はさほど必要ないように見えるかもしれませんが、開発の知見は必須です。

ただし、経験した言語の種類はあまり関係がなく、開発の工程・考え方・品質についての知識などが重要です。

(保守の一部としてWEB開発、HP保守などがあればそれ相当の言語の知識も必要です)

ある程度の規模の会社で社内SEが5人以上いるような場合、インフラ部門と開発部門が分かれている場合もあり、その際は開発の知識がなくてもハードウェアやネットワークに詳しければ問題ありません。

 

インフラ部門・開発部門に関係なく大事な資質はコミュニケーション能力です。

どの部門であっても現場の社員からの声を聞き改善していく必要がある職種です。

とっつきにくい、上からモノを言う、などコミュニケーションに問題がある人は疎まれますし長く続けることは難しいと思います。

 

開発の案件の場合、システムのことをよくわからない社員から業務の内容をしっかりヒヤリングし、要望をシステムに落とし込むためにはしっかりとコミュニケーションを図り、相手の要望の真意を見極める必要があります。

 

まれに、「こうしたい」と実現したい事柄をリクエストする社員もいますが、きっちりヒヤリングしてみると、実は問題は別のところにあって、その根本原因を解決してあげた方がいい場合もあります。

余談ですが、基本的に私を含む周りの社内SEはなるべく専門用語を使わないように気をつけています。

専門用語でまくしたてるように話すのは一番嫌がられます。

専門の用語を分かりやすい用語に置き換えることに日々結構苦労します(;^_^A

 

社内SEとシステムエンジニアの違い

最大の違いは、お客様(対象となる相手)が社内にいるか、社外にいるかという点です。

システムエンジニアが開発する場合、一般的には開発期間というものがあり、システムの規模によって数か月~数年単位で開発を行います。

リリースしてしまえば、保守・改修などで引き続きそのシステムに関わる場合もありますが通常はリリース後は手から離れていきます。

社内SEの場合は、お客様は社員、社内のシステムですので勤務している間中関わっていくことになります。

また、1つのシステム開発という単位ではなく、社内全体を見渡して斬新なアイデアでシステムを提案していくことになります。

社内SEは経営者的な視点を持ち、業務効率化や新企画の提案などより会社の役に立つ動きが必要です。

 

社内SEのやりがい(働き甲斐)とは?

私は開発者としてメーカーに勤務していた期間も社内SEとして働いた期間もほぼ同じ10年程度となりますので、システムエンジニアと社内SEのやりがいの違いを考えてみました。

メーカー勤務の頃はチームを組んで設計から納品まで1つのプロジェクトを成し遂げることに連帯感や達成感を感じていました。

逆に言えばプロジェクトが完了した後のことはほとんど意識することはありませんでした。

社内SEの場合、システムの導入に携わりながら、実務でそのシステムが利用され役立っていることを直に感じることができます。

「業務が効率化され、楽になった」という声をきくことが何よりのご褒美だと感じます。

これから社内SEを目指す人、社内SEを雇ってみようと考えている会社の方の参考になれば幸いです。

 

error: Content is protected !!